ランドセル人気ランキング(2019年最新版)

ランドセル選びの5か条

  1. 6年保証がついていて万が一の時も安心
  2. 6年間わんぱくに使っても壊れない耐久性
  3. かるがると背負えて肩や腰を痛めない
  4. カラーバリエーションが豊富でお子さんが愛着を持つ
  5. A4フラットファイルと荷物がたっぷり入る

これら全てを満たすランドセルメーカーの中で一押しなのが、ランドセル老舗メーカーの「ふわりぃ」です。ランドセル選びに迷った時はまずはふわりぃの公式サイトをチェックしましょう!

※7/31まで公式オンラインショップの早割で15%オフです。店頭よりもオンラインショップの購入がおすすめです。

 

「ランドセルってどうやって選べばいいの?」「人気のランドセルってどんなものだろう?」

「噂で聞く〇〇ってメーカーはどんな機能があるから人気なんだろう?」「どれぐらいの価格が人気なのかな?」

「色はどう選べばいいんだろう。すっごい可愛いのがあれば、シンプルで上品なものもあるけどどうすれば?」

「人気モデルはすぐなくなっちゃうって聞いたけどほんと?」

ランドセルを購入する上で悩みはつきませんよね?そんな悩みを全て解決するのがこの記事です。

[outline]

ランドセルを購入するならメーカーを絞ってしまうのがおすすめ!

ランドセルはメーカー・ブランドだけでも数十種種類、さらに、カラーバリエーションまで含めると数千のランドセルの種類があります。

それだけ膨大な数のランドセルをチェックし、その中からあなたのお子さんにぴったりランドセルを探すのは至難の技ですよね?

そこでランドセル選びの第一歩として、優良でお子様のことを第一に考えて作られているランドセルメーカーを絞ってしまうのがおすすめです。

ではどうやってランドセルメーカーを絞って決めていけばよいのでしょうか?これから詳しく解説します。

 

ランドセルメーカーはどう比較する?ランドセル選び5か条+α

以下の7つのうち、★は必須の5か条、●はついてればなお良い+αの項目です。

★6年保証がついていて万が一の時も安心

★6年間わんぱくに使っても壊れない耐久性

★かるがると背負えて肩や腰を痛めない

★A4フラットファイルと荷物がたっぷり入る

★カラーバリエーションが豊富でお子さんが愛着を持てる

●革(素材)の種類を選べる

●いざという時に子供を危険から守る防犯機能

 

ランドセルのメーカー(ブランド)を選ぶときはこの5か条+αを基準に選ぶようにしましょう!実は上質なデザインで人気の工房系のランドセルの中には、見た目はよくても子供のことを考えるとちょっと・・・・と言わざるを得ないものも存在します。

お子さんになるべくよいものを持たせてあげたいというお気持ちはわかりますが、あなたも経験上「最高に価格の高いものが最高に良い訳ではない」ということはお分かりのはず。これからランドセル選びの5か条を一つずつゆっくり解説していきますので、お子さんにベストなランドセルを選んであげてください。

 

【6年保証】優良メーカー・ブランドならば付いてて当たり前!

ランドセルは「小学校の6年間」というもっともやんちゃな期間を長く過ごすお子さんの相棒です。

おしとやかな女の子であっても、ちょっと男の子と一緒に遊んでる時にアクシデントがあって、ベルトの付け根の部分が壊れてしまったなんてことは起こり得ます。

そんな時に、保証期間外だからランドセルを直せないなんて言われてしまったら大変ですよね?

優良メーカーのランドセルであれば、今は6年保証が付いていて、自然故障であれば無料で直してくれるのがほとんどですし、多くのメーカーは修理中に代わりのランドセルの貸し出しも行ってくれます。

中には池田屋ランドセルのようにどんな傷や故障でも修理してくるメーカーもあります。

 

【耐久性】メーカーの研究力が問われる大事な要素

6年保証が付いていることはもちろん重要ですが、その前にそもそも「壊れない工夫」がもっとも大切です。

各メーカーは研究を重ねて、ランドセルが潰れない工夫、パーツの疲労破壊の耐久性など思考を凝らしています。

耐久性については、一つ一つのランドセルを手作りでこだわって作る工房系ランドセルよりも、生産量が多く資金も潤沢な量販系のメーカー(セイバンやフィットちゃんなど)の方が実は優れています。

その中でも特にランドセル老舗メーカーのフィットちゃんはおすすめです。ランドセルのパーツの中でも壊れて修理に出されることが多い「背カン」については10万回の耐久テストを行っています。(背カン=本体と肩ベルトをつなぐパーツ)

ランドセルを選ぶときは、そのメーカーのランドセルの耐久性へのこだわりをしっかりと確認するようにしましょう!

 

【背負いやすさ】長距離通学でも疲れない仕組みを

同じ重さのランドセルでも、ランドセルの形状によって背負いやすさ、重さの感じ方が全く違います。

大人用のリュックでも、無印良品の肩に負担がかかりにくいPCリュックが爆発的ばヒットを巻き起こしたことがあります。

大人ですらパソコンが入った2-3kgのリュックを負担に感じるわけです。そしてお子さんがランドセルに教科書やノート、時には上履きや水筒を入れると4kgを超えてきます。

小さな体で、大人でも負担に感じる荷物を通学りょりが長いお子さんならば30分〜1時間も歩かなくてはいけません。

当サイトおすすめNo.1のフィットちゃんや天使のはねでおなじみのセイバンは、同じ重さのランドセルでも体に負担がかかりにくい構造になっています。

 

【収納力】A4フラットファイルは必須!荷物はたっぷり入る?

学習要領の変更により、お子さんのランドセルの中身は日々変化しています。

最近は授業でA4フラットファイルを使用するので、A4フラットファイルが入るかどうか?これは必須ポイントとなります。

ほとんどのランドセルメーカーはA4フラットファイルに対応していますが、中にはA4フラット対応していない場合もあるので注意しましょう。

また、A4ファイル以外にも上履きや水筒などたくさんの荷物を背負ってお子さんは通学します。ランドセルに入りきらない場合は補助バック・手提げ鞄などを別途持つことになります。そうすると両手が塞がってしまって、転んだ時に身を守れない可能性も出てきます。

目安として内寸が「横幅23cm(230mm)x奥行き12cm(120mm)」以上のサイズのものを選ぶようにしましょう。

 

【カラバリ】お子さんが気に入ったデザイン・カラーがありますか?

ここまで、「6年保証」、「耐久性」、「防犯性」、「背負いやすさ」、「素材」、「収納力」と6つのランドセル選びに大切な要素を紹介してきました。

これらの要素を満たすランドセルの中で、お子さんが気にいる「カラー」・「デザイン」のラインナップがある必要があります。

私たちが子供だった頃の赤と黒しかなかった時代ではなく、今のお子さんはたくさんのカラーから好きなものを選ぶ時代です。

女の子なら赤だけではなく、ピンク、パープル、ブラウン、ベージュ、男の子なら黒だけでなく、ネイビー、ブルーなどのバリエーションがあると良いでしょう。

また、カラーや刺繍や型押しなどのデザインについては賛否両論ありますが、私は子供が気に入ったものを買ってあげるのが一番だと考えます。

というのも、どうしても親御さんがお子さんが気に入ったカラーを受け入れられず、他のカラーに無理やりお子さんを納得させる形で誘導した結果、入学式で他のお子さんが欲しかったカラーのランドセルを背負っているのを見て、子供が入学式で泣き出してしまうなんていうこともあります。

5、6年生の高学年になったら好みが変わって恥ずかしくなるから今は無理にでも・・・と考える親御さんもいらっしゃいますが、その時はその時です。私の場合ですら小学校5年生になったらランドセルでは通学せず、クラス全員がリュックや手提げ鞄でした。(20年以上前ですが)

もちろん地域性などで6年間ランドセル必須の学校もあるとは思いますので、その時は親としての意見を通すのもありかもしれません。とはいえ、6年間100%ランドセルを背負うわけではないことも考慮に入れて、お子さんの気に入ったものを選んであげるようにしてくださいね。

 

【素材】用途に合わせた革の種類を選びましょう

今のランドセルでは、主に3つの素材のどれかが使われています。

素材 耐久性 高級感 軽量性 耐水性 価格
コードバン
(馬革)
プレミアム
牛革 ちょっとお高め
人工皮革
(クラリーノ)
お手頃

基本的に高級感のある天然コードバンを使用するランドセルがもっとも価格が高くなり、人工皮革(クラリーノなど)を利用しているランドセルの方がお手頃で一般的です。

昔のランドセルは人工皮革はすぐ傷がついたり、破けてしまったりするなど、マイナスなイメージをあなたはお持ちかもしれません。しかし、今では素材の研究が進んでいて、合成皮革でも傷つかず耐久性も抜群。さらには軽量化にもなるので、7割以上のお子さんはクラリーノを使用したランドセルを使用しています。

また、工房系メーカー池田屋ランドセルのつや消しクラリーノのように、人工皮革であっても高級感を感じるランドセルもあります。

とはいえ、お子さんやお孫さんに特別な高級感のあるランドセルをもたせたいということもあるでしょう。そのような場合は、ランドセルを背負った時に体が負担に感じにくく研究されているものを選びましょう。

 

【防犯性】そのランドセルはあなたのお子さんを守ってくれますか?

ランドセルは背負いやすくて耐久性があるだけなく、防犯性も重要です。

お子さんの安全を考慮したランドセルは車や自転車のライトに当たると鮮明に光る反射材が含まれています。

習い事などで背の小さなお子さんが夕暮れ時にランドセルを背負って帰るときでも安心です。

また、ランドセル横のフックも車の引きずり自己防止のために外れるようになっているものもあります。

 

 

ランドセル大手人気メーカーブランドランキング

ランドセル選び5か条を満たすランドセルメーカートップ3を紹介します。まずはこの3つのメーカーを順番にみて行くことをおすすめします。

1位:「ふわりぃ」業界初のクラリクラリーノランドセルを発売した老舗メーカー

業界初クラリーノを採用したランドセルを発売した老舗メーカーの協和が手がける「ふわりぃ」。お子さんの体にフィットして軽々背負える仕組みもしっかり研究されています。

耐久性もお墨付。ランドセル本体は約36kgの重さを載せても潰れない頑丈さを有しています。オーダーメードのランドセルを2020年1月13日まで受け付けてくれているのも嬉しいポイントです。

他社が2020年モデルの早割を10%オフにしているところ、ふわりぃは最大15%オフに設定されていてお財布にも優しいです。

360°の反射材でお子さんの安全性も考えられていますし、のび〜るポケット搭載で小マチが伸びてたっぷり荷物が入って手ぶらで通学可能。一押しのランドセルメーカーです。

※オーダーメイドモデルは早割の対象外です。

 

2位:「フィットちゃん」お子さんを第一に考えたランドセルづくり

フィットちゃんは子供がランドセルを背負った時の負担の軽減、6年間の耐久するための素材テスト、豊富なカラーバリエーション、夜間の安全性などランドセル選びの7か条を完璧に満たしたメーカーです。

素材についても、軽くて人気のクラリーノから高級感漂うコードバンまで揃えていますし、デザイン・カラーなど46種類のモデルから幅広く選ぶことができます。

また、ランドセルの中に反射材を組み込んでいて、暗闇の中でも車や自転車のライトをしっかり反射し存在をアピール、事故を防いでくれます。

また、気にいるデザインがなくても1億4800万通りから好みのランドセルを作ることができるオーダーメイドランドセルも用意されています。お子さんと一緒にシミュレーターでデザインを作るだけでとても楽しいですよ。オーダーメイドランドセルは500本限定なのでお早めに!

※2020年モデルのフィットちゃんオーダーメイドランドセルは完売しました。

 

3位:「セイバン」天使のはねで地名度はバツグン!研究を積み重ねた軽い背負い心地

ランドセルの老舗で、大々的なCM展開から知らない人はいないのではとすら思われる「セイバン」は長年研究を積み重ねた軽い背負い心地が魅力です。

セイバンのラインナップはセイバンの技術の結晶のモデルロイヤル、ベーシックで飽きがこない天使のはねクラシック、可愛いデザインで女の子に人気のラブピ、男女ともに人気でおしゃれなコンバース、上質なコードバンの使用で高級感漂うHOMAREなど多岐にわたっています。

セイバン取り扱いモデルの多くがランドセル選びの7か条のうち6つ(防犯性以外)を満たしています。ふわりぃ 、フィットちゃんに合わせて必ずチェックしておきたいランドセルメーカーです。

 

 

工房系人気メーカーブランドランキング

続いて、気品溢れる上質さ、生産数が少なく周りと差をつけられることで人気の工房系のおすすめランキングを紹介します。なお、人気だけでなく、お子さんに安心して持たせられるかどうかを加味しながらランキングを作成しています。

1位:「池田屋」クラリーノランドセルでも上質な仕上がり

自分の子供には工房系のランドセルを持たせたいけど、価格が高くて・・・・とお悩みの方は是非とも一度確認して欲しいのが「池田屋ランドセル」です。

この写真は池田屋人気モデルの「ツヤ消しクラリーノ」というモデルです。この上品さなのにお値段は45000円以下。

背負いやすさの研究はもちろんのこと、特筆すべきは「6年保証」です。他のメーカー・ブランドはあくまでも自然故障が無料保証の対象ですが、池田屋ランドセルは故意であっても無料修理してくれます。

破損の理由を聞かれることもありませんし、修理不能の場合は新品に交換してくれます。ここまで手厚い保障は池田屋だけなのではないでしょうか?

また、牛革のカラーバリエーションにも富んでいて、工房系を探すなら1番にチェックしておきたいランドセルメーカーです。

 

2位:「萬勇鞄」手縫いで丈夫な人気上昇中の工房系ブランド

萬勇鞄は背当てと肩ベルトを頑丈に仕上げるために手縫いを行なっている人気工房系のでランドセルメーカーです。

もちろんお子さんが負担にならない設計を施されています。特徴的なのはリコーダーケースが一体型になっていること。

元々水に弱いと言われていた牛革ですが、職人さんが熟練の技で防水加工を施すことにより耐水性も抜群です。

 

3位:「カバンのフジタ」雪国山形が産んだ県内シェア率No.1ランドセル

カバンのフジタは雪国山形で牛革ランドセルシェア率No.1です。

背負いやすさはもちろんのこと、牛革製ランドセル最軽量で大容量という魅力があります。

カラーバリエーションも豊富で、工房系を求めているならチェックしておきましょう。

 

男の子・女の子別ランドセル人気カラー

ランドセルの人気カラーはどうなっているのでしょうか?大手メーカーランドセル公式サイト・大手ECサイトの販売ランキングを元に独自ランキングを紹介します。

女の子のランドセル人気色ランキング

1位:赤系

2位:ブラウン系

3位:パープル系

4位:キャメル系

5位:水色系

 

女の子人気色1位は王道の赤系!

女の子のランドセル人気色ランキング1位は王道の「赤系統」。

とはいえ、赤と一言に言っても、ワインレッドやビビットピンクなどの「赤・レッド」と書かれていないカラーも含まれています。

派手な刺繍があるものよりは、6年生になっても恥ずかしくない、シンプルで「大人かわいい系」に近いものが人気です。(購入する親御さんやおじいちゃん・おばあちゃんの影響もありそうですが)

 

女の子人気色2位は深みのあるブラウン系

女の子のランドセル人気色ランキング2位はチョコレートカラーともいうべき「茶系統」です。

チョコレート色は大人になっても女性に人気のカラーですよね?車でも「白・黒・茶」のなら売る時に金額が高くなるからおすすめと言われるぐらいですし。

デザインはシンプルなもの、刺繍が入っててガーリーなものもどちらも人気がある傾向です。

 

女の子人気色3位はパステルカラーのパープル系

女の子のランドセル人気色ランキング3位はガーリーなパステルカラーの「パープル系」です。

パープル系はシンプルなものよりも豪勢な刺繍が入ったものが人気になる傾向にあり、お子さんとご両親の間で意見の食い違いが出そうなところです。

私としてはなるべくお子さんが気に入ったものを買ってあげて欲しいと願っていますが、どうしても高学年になったときのことを心配するのであれば、ネットでシンプルなパープル系統のランドセルの画像を見せて「これかわいいけどどう?」と誘導することは可能かもしれません。

 

女の子人気色4位は赤黒時代にも学年に一人いたキャメル系

女の子のランドセル人気色ランキング4位は、ランドセルが赤か黒か二択だった時代に、学年に一人だけいた「キャメル系」です。

低学年のお子さんが見てもかわいいカラーで、なおかつ高学年になっても恥ずかしくない色合いなので上手くバランスが取れています。

メーカーによっては、ショコラ、メイプルなどとも表記されていますね。

 

女の子人気色5位は爽やかでかわいい水色系

女の子のランドセル人気色ランキング5位はガーリーなパステルカラーの「水色系」です。

「高学年になると好みが変わるから持たせたくない!」とお母さんが嫌がる筆頭のカラーです(笑)

とはいえ、その時はその時。5000円ぐらいのリュックや手提げ鞄で通えばいいんです。

1,2年生で毎日「水色のランドセルが欲しかったのにお母さんは私のことが嫌いなんだ!」と言われるよりは、お子さんの気に入ったものを買ってあげる方が幸せですよ。

 

 

男の子ランドセル人気色ランキング

1位:黒系

2位:紺系

3位:グリーン系

4位:キャメル系

5位:ブルー系

男の子は圧倒的にブラック系統が人気で、申し訳程度に多色が続きます。

 

男の子人気色1位は王道の黒系!ただし、単純なブラック一色ではない!

男の子の人気ナンバーワンカラーは、ザ・王道の「ブラック」です。

とはいえ、単にブラック一色だけを利用したものだけが人気という訳ではなく、ステッチや肩ベルトなどに赤や青色が入ったコンビカラーが人気です。

女の子とは違って、スポーツブランドのものが人気になのも特徴の1つです。

 

男の子人気色2位は深みのある紺系!

男の子の人気カラー2位は深みのあるネイビー系統です。

黒よりも色があったほうが好み。だけども男の子らしい色にしたい!という願いを叶えてくれます。

 

男の子人気色3位は深みのあるグリーン系!

男の子の人気カラー3位は深みのあるグリーン系統です。明るい緑ではなく、あくまでも暗めの「モスグリーン」が人気です。

取り扱いのあるメーカーは少ないのですが、幼いうちからこのカラーを選ぶ男の子は将来おしゃれに育つかもしれません。

 

男の子人気色4位はキャメル系!

男の子の人気カラー4位はキャメル系統です。女の子に人気のカラーのイメージがありますが、男の子にも人気のカラーです。

キャメルでは男女兼用で用意しているランドセルメーカーもあるので、取り扱いメーカーをチェックしてください。

 

男の子人気色5位はブルー系

男の子の人気カラー4位は青色系統です。紺色よりももう少し鮮やかなカラーになります。

アディダスなどスポーツブランドのランドセルも人気のカラーになっています。

 

ランドセルの人気の価格帯は?高級なものほど早い時期に買わなきゃいけないって本当?

価格帯 素材 在庫数 売切時期
5−6万円代 クラリーノ 8-9月頃
※デザイン性の高いものは5-6月完売もあり
10万円〜 コードバン 極少 40月頃
6-8万円 牛革 4月頃

ランドセルの人気の価格帯・素材・売切時期を表にしました。1番の売れ筋は5〜6万円代でクラリーノ素材の大手メーカー製ランドセルです。

 

価格帯一番人気は5-6万円代のクラリーノ素材を使ったランドセル

大手メーカー各社が国内工場で品質を担保しながらも大量生産を行うので、在庫の用意は比較的多いです。とはいえ、人気モデルはお盆の8月頃から売り切れることが多いのでそれまでの予約を完了することをおすすめします。

高級感や上質さは牛革やコードバンを使用したランドセルの方が確かに上です。しかし、お子さんの安全性やランドセルの機能まで考えると、実は大手メーカー(セイバン、ふわりぃ、フィットちゃん)の方が優れているということが多いです。

女子に人気のプライベートレーベルの限定モデルなど、一部完売が早いものもあります。

 

工房系コードバンは4月に予約完売!10万円越えの価格でも余裕で完売

希少部位で最高級と言われるコードバンを使ったランドセルは、大人の誰が見てもかっこいいと思える質感、そして誰もが認める耐久性で人気があります。

特に「ランドセルといったらコードバン!」「ランドセルなんて10万円以上して当たり前!」「孫にはいいものをプレゼントしてあげたい!」というおじいちゃん・おばあちゃんの層からは絶大な支持を誇ります。

とはいえ、コードバンは希少部位であることに加え、製造も簡単ではないことから、鞄工房系の職人が一生懸命手作りします。そのため、需要に対し生産数が少なく予約開始後すぐに完売!ということが非常に多いです。

 

意外とリーズナブル?工房系の6-8万円代牛革ランドセルも人気で4月完売多し

工房系の6〜8万円代の牛革を使用したランドセルも、4月で完売する人気を誇ります。

先ほどお話しした「コードバン」目当てだったけれども、うっかりと時期を逃してしまった方が多数流れてきます。

それに加え、牛革モデルも上質なデザインであるのに関わらず、工房系でも6万円ほどで購入可能なところがたくさんあります。

早く(年中さんの1月頃)からラン活をしているママ達が「セイバンと値段が対して変わらないなら工房系の牛革にしよう!」と選ぶ傾向にあります。

 

 

男の子・女の子別おすすめ人気ランドセルランキングベスト3

「ここまでランドセル選びや人気のカラーについてなんとなくわかったような気がする。だけど、結局どうすればいいのかわからなくなってしまった。」

そんな時はこれから紹介する人気ランドセルの中でも、ランドセル選び5か条を満たしていて間違いない!と太鼓判を押すランドセルの中からお選びください。

 

男の子おすすめ人気ランドセルランキング

1位:ふわりぃランドセル スーパーフラッシュ

360°全方向のライトを反射し、15色から選べる安心・安全のランドセル。ランドセル選び5か条も満たし、飽きのこないベーシックで6年間使えるデザインです。※店頭にはないWEB限定カラー多数あり

ふわりぃ独自の「のび〜るポケット」搭載で、小マチ部分を広げることで収納力を大幅にアップ可能です。

さらに、ランドセル手作り企画にも参加可能。ランドセルづくりを千葉県野田市の工場で手伝って、お子さんに思い出のランドセルをプレゼントすることも可能です。

 

2位:フィットちゃんランドセル グランナイト

重厚感が漂う安全性も備えたフィットちゃんの最高級ランドセルです。

ランドセルの選びの5か条も満たし、シンプルながらカッコイイデザイン、しかも夜になると反射材が反応するので安全面もバッチリです。

 

3位:池田屋ランドセルツヤ消しクラリーノ

耐久性が高いと言われる工房系の中でも、お子さんのことをしっかり考えられて作られているのが池田屋のランドセルです。

そんな池田屋ランドセルの中でも特にオススメしたいのが「No.51 ツヤ消しクラリーノ シンプルステッチ」です。

男の子の人気色をしっかりとカバーし、工房系ならではの高級感が味わえます。肩ベルトには牛革を使用し耐久性を高めているのにお値段はお手頃価格です。

工房系は生産数が少ないので売り切れないうちに確実に入手するようにしましょう。

 

4位:セイバン ホマレ コードバン

牛革の2、3倍の強度をもつと言われた希少部位の「コードバン」を使用し作られた、セイバンが誇るフラッグシップモデルです。その上質な風合いは工房系にも引けを取りません。

直営店限定モデルで、イオンやヨーカドーなどの店頭では手に入らない特別な仕様です。

11/5までは公式サイトで10%オフになります。高級なコードバンを使っているからこそ、価格の下がり方も大きいのでお早めに手に入れてください。

 

5位:ふわりぃランドセル グランコンパクト

たった990gとランドセル業界最軽量クラス。それなのに、13cmの大マチ+5cmのの「び〜るポケット」で大容量。体が小さいお子さんでも安心です。

本体サイドには反射材を使用し、夜道でも安心な使用になっています。カラバリは4色と少ないですが、好きなカラーが無ければグランコンパクトをベースとしたオーダーメイドランドセルを選ぶことも可能です。

さらに、ランドセル手作り企画にも参加可能。ランドセルづくりを千葉県野田市の工場で手伝って、お子さんに思い出のランドセルをプレゼントできるのでおすすめですよ。

 

女の子おすすめ人気ランドセルランキング

1位:ふわりぃランドセル スーパーフラッシュ

360°全方向のライトを反射し、15色から選べる安心・安全のランドセル。ランドセル選び5か条も満たし、飽きのこないベーシックで6年間使えるデザインです。※店頭にはないWEB限定カラー多数あり

ふわりぃ独自の「のび〜るポケット」搭載で、小マチ部分を広げることで収納力を大幅にアップ可能です。

さらに、ランドセル手作り企画にも参加可能。ランドセルづくりを千葉県野田市の工場で手伝って、お子さんに思い出のランドセルをプレゼントすることも可能です。

2位:フィットちゃんランドセル ロイヤルローズ プルミエール

全体にローズが施されたゴージャス感満載のフィットちゃん最高級ランドセルです。

ランドセルの選びの7か条も満たし、シンプルながらカッコイイデザイン、しかも夜になると反射材が反応するので安全面もバッチリです。

3位:池田屋ランドセルツヤ消しクラリーノ

耐久性が高いと言われる工房系の中でも、お子さんのことをしっかり考えられて作られているのが池田屋のランドセルです。

そんな池田屋ランドセルの中でも特にオススメしたいのが「No.51 ツヤ消しクラリーノ シンプルステッチ」です。

女の子の人気色をしっかりとカバーし、工房系ならではの高級感が味わえます。肩ベルトには牛革を使用し耐久性を高めているのにお値段はお手頃価格です。

工房系は生産数が少ないので売り切れないうちに確実に入手するようにしましょう。

4位:セイバン ホマレ コードバン

牛革の2、3倍の強度をもつと言われた希少部位の「コードバン」を使用し作られた、セイバンが誇るフラッグシップモデルです。その上質な風合いは工房系にも引けを取りません。

直営店限定モデルで、イオンやヨーカドーなどの店頭では手に入らない特別な仕様です。

11/5までは公式サイトで10%オフになります。高級なコードバンを使っているからこそ、価格の下がり方も大きいのでお早めに手に入れてください。

5位:ふわりぃランドセル グランコンパクト

たった990gとランドセル業界最軽量クラス。それなのに、13cmの大マチ+5cmのの「び〜るポケット」で大容量。体が小さいお子さんでも安心です。

本体サイドには反射材を使用し、夜道でも安心な使用になっています。カラバリは4色と少ないですが、好きなカラーが無ければグランコンパクトをベースとしたオーダーメイドランドセルを選ぶことも可能です。

さらに、ランドセル手作り企画にも参加可能。ランドセルづくりを千葉県野田市の工場で手伝って、お子さんに思い出のランドセルをプレゼントできるのでおすすめですよ。

関連記事

  1. 【2020年版】ランドセルメーカーの早期割引(早割・早特)一覧

  2. セイバン(天使のはね)の早期割引(早割)とオンラインストア限定特典を解説!

  3. ふわりぃランドセルの早期割引(早割)と公式オンラインショップ特典を徹底解説!楽天やヤフーショッピングは損?

  4. Amazon Prime Dayでセールになっているおすすめランドセル一覧

  5. フィットちゃんランドセルの早割(早期割引)2020年、オンラインショップ限定特典を解説!

  6. イオンランドセルの早割(早期割引)とイオンカードのキャッシュバックキャンペーンを併用しよう!2020年モデルは最大30%もお得!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。